作品詳細

南洋通信 増補新版
990円
二十八日ノ船デ暑イ所ヘ行ツテ来マス――。一九四一年に南洋庁の官吏としてパラオに赴任した中島敦。その目に映った「南洋」とは。小品『南島譚』『環礁』に加え、南洋群島(ミクロネシア)から妻子に宛てて毎日のように綴られた多くの書簡を収録。〈巻末エッセイ〉土方久功【目次】南島譚 幸福 夫婦 雞環礁――ミクロネシヤ巡島記抄―― 寂しい島 夾竹桃の家の女 ナポレオン 真昼 マリヤン 風物抄書簡 昭和十六年六月―昭和十七年三月 巻末エッセイ トン  土方久功

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン