作品詳細

夏なんてもういらない
858円
「私はあなたが好きです」日本語の例文みたいな告白だった。彼に告白する言葉は、もっと別のものにするつもりだった。十二年に一度の秘祭「潮祭」が開かれる夏。高校生の深冬は片想い相手の優弥とともに、彼の故郷・潮見島へ向かう。普通の大学生だと思っていた優弥は、皆から慕われる祭司という、深冬の知らない顔を持っていた。そして島には、絶対にかなわない恋敵がいた。恋に、将来に囚われる少女がとった、全てをぶち壊す選択とは?夏が好きになれないあなたに捧ぐ〝反〟青春小説『潮風エスケープ』を改題。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン