作品詳細

京都怪談 神隠し
702円
内容紹介「近づくのは、よくない」友人が語る京都最恐の場所とは――(花房観音「楽園」収録)令和の古都に積み重なる怪異を5人の作家が綴る!京都に所縁のある作家たちが書き下ろす〈京都〉が舞台の実話怪談集。花房観音、田辺青蛙、朱雀門出の実力派とともに、怪談師として活動する深津さくら、新進気鋭の舘松妙の五名がそれぞれの〈京都の怪〉を披露する。たびたび出没する鬼の目撃例をまとめた怪異譚「鬼の話」、心霊スポットで異形に追いすがられる戦慄「深泥池」、著者自身も巻き込んだ死の連鎖「死神」など洛中洛外の恐怖譚を収録。京都は怨念の土地――令和も続く古都の念は魅惑的に貴方に取り憑くに違いない。著者について「花祀り」で第一回団鬼六大賞を受賞しデビュー。著書に『ゆびさきたどり』『好色入道』『うかれ女島』など。近著に『京都「魔界」探訪』を監修。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン