作品詳細

天橋立殺人旅愁
682円
北アルプスの丸山ケルンあたりで猛吹雪を避けていた登山グループが、偶然、雪の中から赤いダウンジャケットを発見した。それはつまり、遭難者がいることを暗示していたが、周辺で何かを見つけることはできなかった。安曇野署(旧豊科署)の刑事・道原伝吉は必ずや何かあると信じ、ダウンジャケットのポケットにあった豊科のレストランのレシートを頼りに、遭難者を捜すことからはじめた。伝吉の勘は当たる。地道の捜査によって、雪の中から見つかったダウンジャケット一着から、男と女の過去と殺意を明らかになっていく。読み応え十二分の秀逸山岳ミステリー!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン