作品詳細

1980年代から見た日本の未来 2030年代を予測する視点
902円
「あのころの未来」を、私たちは生きている。伝説のマーケティング雑誌「アクロス」元編集長の時代を読み解く視点1980年代を知れば、2030年が見えてくる!■「シンプルな消費者」と「クールな支配者」の時代平成時代はバブル時代との対比で語られることが多い。だが私にいわせれば、バブル時代は非常に特殊な時代であって、一九八〇年代の前半には、平成時代につながる価値観、生活文化の芽生えがあったと思う。私が一九八二年から一九九〇年まで編集部に在籍していた雑誌『アクロス』が一九八〇年代を象徴する雑誌であること、時代の三歩先を予測する雑誌であったことは自他共に認めるものであり、一九八〇年代という時代を知る上では、最も効率的な資料である。そこから平成三〇年を経た現代につながるテーマを見つけ、近未来を予測していく、というのが本書のつくりである。(「はじめに」より)【目次】第一章 記号の消費から交換の消費へ第二章 豊かな社会から小さな幸福へ第三章 格差社会に破れた人々の反動化第四章 一夫一婦制の終わり第五章 街は屋台と市場になる第六章 虚構化する都市と縄文回帰第七章 知性からの逃走と呪術への解放第八章 柔らかい全体主義

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン