作品詳細

大坂の陣
1584円
『賤ヶ嶽』『関ヶ原』につづく、豊臣興亡記最終巻。関ヶ原の戦いのあと、家康は何を考えどう動いたのか。豊臣は家康にどう対応したのか。それぞれの家臣たちの思惑が絡み、事態は時々刻々と変化する。大坂冬の陣・夏の陣をスケール豊かに描き、歴史に「もし」があったなら、と想像力が喚起される長編書き下ろし歴史小説。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン