作品詳細

未亡人の指使い
770円
「また一人になるのが、こわいの……」未亡人の寝室から聞こえる物音襖を開けて覗いてみると……!?妖艶な官能ノベル!作家の黒崎が取材先の文化祭で知り合った亜理沙。彼女の継父が亡くなり、故郷での葬儀に出るのだが、帰省するのはイヤだから同行して欲しいと頼まれる。その町は辺鄙な場所にあり、彼女の実家・井田家はかつては羽振りのよかった旧家で、喪服姿の美しい未亡人・裕美子が迎えてくれた。その夜、客間で寝ていた彼が物音で目覚めると……

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン