作品詳細

ご縁とお役目 ‐ 臨床医が考える魂と肉体の磨き方 ‐
770円
「寿命とはこの世で魂を磨く期間である」――現役臨床医(2014年当時)が綴る、寿命の本当の意味、今生における私たちのご縁とお役目、そして魂と肉体の磨き方まで。「寿命というのは、その人がお役目を果たす時間ですが、同時にその人が『魂を磨く期間』でもあるのだと思います」「自分がやるべきことをしっかりやる。迷わずに行なう。お役目を果たすということは、そういうことではないでしょうか」「『自分への関心』が、結果としてさまざまな病気の予防につながることを覚えておいてください」(いずれも本文より)第一章 寿命とは「魂を磨く期間」でもある第二章 私たちの魂は死ぬことがない第三章 健やかに生きる第四章 社会における私たちのお役目について【著者プロフィール】矢作直樹 (やはぎ なおき)1956年、神奈川県生まれ。1981年、金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、内科、手術部などを経験。1999年、東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および同大学工学部精密機械工学科教授。2001年、東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および同大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長。2016年3月に任期満了退官。主な著書には、『人は死なない』(バジリコ)、『天皇』『日本史の深層』(ともに扶桑社)、『おかげさまで生きる』(幻冬舎)、『天皇の国 譲位に想う』『日本歴史通覧 天皇の日本史』(青林堂)、『自分を休ませる練習』(文響社)など。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン