作品詳細

偏食閣下のまかない係
990円
「それでは私、シルヴェストフさんの夜のまかない係を仰せつかりましょう」(意味深) 食べること大好き女子がイケおじ伯爵の胃袋を掴む、異世界ラブファンタジー! 気が付くと知らない世界にいたユリ。野宿二日、空腹は頂点に達し、広大な屋敷に迷い込んだところ、そこにはロールパンを両手に持った厳めしい表情の男が! 必死の思いのユリを憐れんだのか、彼女を屋敷に招いたその男、シルヴェストフ伯爵に気に入られ住み込みで働くことになるユリだが、彼がせっかくの料理を残しまくるひどい偏食持ちと知り……。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン