作品詳細

東京オリンピック1964 サムライたちの挽歌
1150円
猪熊功(柔道金メダリスト)が「遺書」に込めた思いとは? 1964年東京オリンピックで日本を沸かせた選手たち。その人生の「光と影」を、徹底した取材で描き出した渾身のノンフィクション!【目次】第1章 竜虎相搏つ――神永昭夫VS 猪熊功 (柔道)第2章 永遠のライバル――君原健二VS 円谷幸吉 (マラソン)第3章 依田郁子――自殺のプレリュード (短距離ハードル)第4章 自由形スイマー浦上涼子の「変死」 (水泳自由形)第5章 重量挙げの“小さな巨人”三宅義信・義行・宏実メダリスト一家の真実 (重量挙げ)第6章“鬼”の大松博文と六人の“魔女”たち (バレーボール)あとがき 光は等分の影を持つ資料 「1964年東京オリンピック全メダリストと成績」

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン