作品詳細

僕が寝取った人妻奴隷
770円
「きっと、だれか男がいるんだ」コンビニでよく見かける憧れの女性と知り合った怜児。彼女の言うがままに自宅に赴くと……怜児はコンビニでよく見る美女に心奪われていた。ある夜、偶然にもコピー機で彼女の免許証を発見し、とっさにコピーだけして免許証を店員に預けた。後日、当の女性が怜児を待ち受けお礼をすると申し出た。食事を終え、帰りの車の中で怪しい雰囲気になり……。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン