作品詳細

男コピーライター、育休をとる。
1320円
▼「ウェブ電通報」の話題コラム、待望の電子書籍化!▼「会社員の男性」から見えた育休のリアル政府が男性の育休取得率を「2020年までに13%」という目標を掲げるなか、第1子誕生とともに6カ月間の育休を取ったコピーライター。身近に経験者がいない“未知の領域”へ、どう立ち向かったのか?1時間かけてランチは、なんて優雅。仕事帰りに映画は、もはや貴族。余暇など、宇宙の彼方に消えてしまった。けれども、仕事の醍醐味に匹敵する、「黄金の瞬間」が待っている。不安・奮闘・面白さに満ちた「6カ月の育休+その後」▼男性が育休を取る前に読んでおきたい、ガイドブックを超えた“シミュレーションブック”「男が育休とって、何するの?」「年収下がりそうだし、お金が心配」「キャリアに響くんじゃ……」男性がいざ育休を取ろうと考えても、漠然とした不安や素朴な疑問をどこで聞けばいいのか?本書は取得への道のり、職場復帰など、一度はぶつかる問題を余すことなく伝える一冊。▼「働き方改革」の先にある、新しい家族像のヒント育休中にできることは、乳児の世話だけではない。第30希望まで出せる壮絶な「保活」。ルーティン化する育児で、マンネリに陥る毎日。女性の職場復帰に伴う、時短勤務の現実。それらは、夫婦二人が同時に体験することで、ようやく共有できるもの。「夫婦で子育てしながら働く」とは、どういうことだろうか?夫婦でいること、家族でいること、そして、働くということ。それらを改めて見つめ直す、新世代のための本。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン