作品詳細

神様は少々私に手厳しい 3
704円
「あなたが偽者になるのよ」。カズキに大きな転機が訪れる。 “仲間”はなぜ、カズキを襲ったのか――! ?ゼフェカの企みにより、十年の蟠りが噴出したグラース国とブルドゥス国。軍士の大規模な離反が現実となってしまった中、カズキは偽黒スヤマの侍女としてお茶会に付き添っていた。ゼフェカがそばを離れたこの好機に、少しでもスヤマから情報を得ようと、イヴァルとヒューハと共におしゃべりに花を咲かせてスヤマの動揺を誘う。そんな中、会場内に一人の男が現れ、カズキに動向を願い出る。知らない男に警戒するカズキ。だが、男の正体を知って一気に警戒を解く。男は問う。「異世界人の目から見て、この国が好きか」と。カズキは、その質問にこう答えた――――。守野 伊音(もりのいおん):四国地方在住。著書に『狼領主のお嬢様』、『白銀王の日帰り王妃』など。 戸部 淑(とべすなほ):イラストレーター。『人類は衰退しました』、『ポーション、わが身を助ける』(ヒーロー文庫)などのライトノベルの挿絵、書籍の挿絵、ゲームのキャラクターデザイン、キャラクターイラストなど、多方面で活躍。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン