作品詳細

よこまち余話
726円
【各紙誌で話題を呼んだ哀しくも愛しい物語】その人は、もういないかもしれない。もういなくても――確かにここにいた。お針子の齣江や向かいの老婆トメさんが、いつ、どこから来て棲み始めたのか、長屋の誰も知らない。正体不明の男「雨降らし」が門口に立つとき、そこには必ず不思議が起こる。少しずつ姿を変える日々の営みの中に、ふと立ち上る誰かの面影。時を超え、降り積もる人々の思い。路地にあやかしの鈴が響き、彼女はふたたび彼と出会う――。「いつかの人々」が囁きかけてくる感動長篇。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン