作品詳細

スケーラブルデータサイエンス データエンジニアのための実践Google Cloud Platform
4180円
身近な例からデータサイエンスの深淵を体感しスケールさせるノウハウを学ぶ【本書の内容】「膨大なデータを分析して傾向を探り意思決定に援用する」とはよく耳にするフレーズですが、「膨大なデータ」から「援用する」までの間に、どのようなことがなされているのでしょうか。その各段階における必要な知識や技能やツールやインフラにはなにがあるのでしょうか。本書はそういった疑問を、身近な例(フライトスケジュールからミーティングの参加・不参加確定)から説き起こします。とはいえ、それは単に米国運輸省のデータをダウンロードし、フライトの傾向を時間軸に合わせて分析し、スケジュールとして提示する、という“シンプル”なストーリーではありません。「データ分析を実行してビジネスで成果を出す」ことができる人を「データエンジニア」と呼ぶ、Googleならではの文化が色濃く出た1冊です。すなわち、クエリの構築やレポート、グラフ化が最終目標ではなく、それらをひっくるめたスケーラブルで反復可能なシステムを構築できる人材への足がかりとなる1冊であり、肩書としての「データサイエンティスト」から、真に求められているデータサイエンティストへと、自身をスケールしていくための手引書です。本書は、Valliappa Lakshmanan,Data Science on the Google Cloud Platform: Implementing End‐to‐End Real‐Time Data Pipelines: From Ingest to Machine Learning, O'Reilly Media, January 12, 2018.の邦訳版です。【本書のポイント】・Google Cloud Platfor…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン