作品詳細

一分(いちぶん)
1404円
家老からの密命に背き、丹波篠山藩を出奔した若き武士・小柴陽太郎。杜氏についてきた灘の酒蔵で、名酒「一分」造りに勤しんでいた。陽太郎は「一分」を江戸に運ぶ船に乗りこむものの難破する。酒蔵は窮地に追い込まれ、時を同じくして篠山藩は財政難に陥っていた。藩と酒蔵の危機を同時に打開するため、陽太郎が持ちだす起死回生の秘策とは……。幕末の激動の時代、その仰け反るほどの逆風に立ち向かう青年を鮮烈に描く物語。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン