作品詳細

労働開国の衝撃 試される令和デモクラシー
300円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。(目次より)●「『反』ないし『半』グローバリズムという選択肢」佐伯啓思●対談「国際社会の荒波を “包摂”の理念で迎え入れる」会田弘継×宇野重規●「後発的移民受け入れ国スペインに学ぶ政策革新」小井土彰宏●ルポ「芝園団地『共生』への挑戦」岡﨑広樹《私が見たニッポン》 ●「意外と海外通の日本人 国際化もいつも通りで大丈夫!」ダニエル・カール●「ドイツ式『お客さん労働者』の二の舞になる!」サンドラ・ヘフェリン《海外識者の緊急寄稿!》●【アメリカ発】「民主主義の脅威『ポピュリズム』とは何か」フランシス・フクヤマ●【欧州発】「リベラリズムは衰退したのか?」クリスチャン・ヨプケ

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン