作品詳細

大前研一 稼ぐ力をつける「リカレント教育」――誰にも頼れない時代に就職してから学び直すべき4つの力
1540円
【内容紹介】令和の時代を迎え、大前研一氏がもっとも訴えたいテーマの1つがこの「リカレント教育」です。リカレント教育とは、社会に出てから10年おきに「学び直す」ことを意味しますが、大前氏が強調するのは、稼ぐ力をつけるための学び直しです。社会の急速なデジタル化により、大学や大学院で学んだことも一瞬で陳腐化してしまう時代です。このままでは定年まで乗り切ろうとする発想では生き残れません。リカレント教育の意義、答えのない時代に求められる自ら答えを見つけ突破力をつける生き方がわかります。【著者紹介】早稲田大学卒業後、東京工業大学で修士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、現在(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役会長、ビジネス・ブレークスルー大学学長。著書は、『「0から1」の発想術』『低欲望社会「大志なき時代」の新・国富論』(共に小学館)、「日本の論点」シリーズ(小社刊) など多数ある。【目次抜粋】まえがき第1章 人工知能時代の「リカレント教育」第2章 デジタル時代に不可欠な「リカレント教育」第3章 「リカレント教育」で日本の教育は変わる第4章 北欧、ドイツの「リカレント教育」先進国から学べ第5章 「リカレント教育」で構想力を育てよ

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン