作品詳細

令しく平和に生きるために
763円
令和元年――。日本を代表する国文学者は、何を聴き、何を願っているのか。令しく平和に生きるための想いを書き綴る。昭和と名乗りながら戦争の大惨劇に終わってしまった和を、平成の後に今度こそしっかり基盤として、「令」たる平和を築くことが令和の理想となるだろう――。〈まえがきより〉

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン