作品詳細

おいしい野菜が食べたい!
902円
農業高校を出たが、田舎から飛び出し、東京で暮らすも挫折し、戻ってきていた小原和也。彼はバイト先で知り合った有機農業を始めたばかりの木村春菜を手伝うことに。しかし、素人同然の彼女と和也には、なかなかうまく育てることが出来ない。そんなとき、人づてに紹介された仙人とよばれる男の指導を仰ぐことに……。同じ頃、村では、農業生産法人の部長で、村中で美人と評判の上田理保子が、近代農業で大沼村を再生させようとしていた。だが、慣行農業が主流の大沼村の中で、ゆきづまりを感じていた。近代農業と古き良き農業、共存共栄への道とは? 著者渾身の長編小説。<目次>第一章 それぞれの進む道第二章 近代農業VS.有機農業第三章 未来農家

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン