作品詳細

とむらい屋颯太
1584円
「弔いを出して飯を食う。それがあっしの生業」新鳥越町二丁目の「とむらい屋」には弔いの段取りをする颯太、棺桶づくり職人の勝蔵に正平、雑用の寛次郎そして死者に化粧を施すおちえ、そして坊主の道俊が居候をしている。人の死なない日はない。毎日、どこかで誰かがあの世に行っている。これは江戸にあった小さな葬儀屋の奮闘物語。<とむらい屋で働く人々と仲間たち>颯太:新鳥越町二丁目の弔い扱う葬儀屋の店主。十一歳で葬儀屋になると決めるおちえ:母を颯太に弔ってもらって以降居座るおせっかい勝蔵:早桶職人。初めての棺桶は妻のものだった道俊:寺に属さない渡りの坊主巧重三郎:水死体を見るのが苦手な医者韮崎宗十郎:南町奉行所の定町廻り同心弔いは、残された者のためにある。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン