作品詳細

出会っていなかっただけ
550円
「愛されている気がしない」「ほかに誰かいるよね?」 毎回同じような理由で振られ続けている賀上伸哉は、今夜もまた彼女から聞き覚えのある別れの言葉を告げられた。自分の何が悪いのか。落ち込みながら部屋へ帰る途中、路肩で眠る酔っぱらいのビジネスマンを見つけた伸哉は、感傷的になっていたせいか男を部屋に連れ帰り介抱してやることに。意識を取り戻した男は九条佑と名乗り、伸哉の愚痴を聞いてくれた。同世代の気安さか酒の力か、佑にすっかり気を許してしまった伸哉は、不覚にもイタズラをされてしまう。翌朝、未遂とはいえ初めて男と性的な関わりを持ってしまったショックを引きずったまま出社した伸哉の前に現れたのは、ゆうべの酔っぱらい、佑だった。しかも佑は伸哉が担当する取引先の新しい営業マンだと名乗り──。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン