作品詳細

定年をどう生きるか
896円
アドラー心理学が教えるよりよく生きるための幸福論会社員ならいつかは経験する定年。お金や健康といった不安は、もちろんあるが、その問題の本質は対人関係の変化にある。慣れ親しんだ職場を離れ、自分と仕事や家族、社会との関係を再定義し、いかに貢献感を持ち、新たな人生を充実させるか。アドラーをはじめ、プラトン、マルクス・アウレリウス、三木清……哲学者が教える幸福で「ある」ために必要なこととは。平均寿命が伸びることで、老いについてのイメージは変わってきている。だからこそ定年をどう迎えるか、定年後をどう生きるかが、多くの人にとっての関心事となっている。「定年後に何か仕事以外の生きがいをみつけなくてはいけない」、そんな焦りを感じている方も多いと聞くが、そういった焦りは、「人の価値を「生産性」におくことをやめられない」というところからきているのである。本書はそれを克服し、定年に対する恐れを乗り越え、慣れ親しんだ職場から離れても、自分に価値があると思える。そんな勇気を読者に与える一冊である。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン