作品詳細

忘れる肌
440円
三度は会わない。どんなにいい女であっても‐‐‐合田祥一がこの禁を破ったのは、由利が初めてだった。旺盛な性欲と奔放な性戯。一瞬、溺れかけたが、“愛”をちらつかされたとたん、萎えた。<愛あるセックス>を模索する合田の辿り着く果ては?

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン