作品詳細

泣き色ぼくろ
495円
「奥様。私未経験なれど、何でもお申し付け下さればその張り型より良いかと」明男は平伏しつつまくし立てた。天女のような未亡人が秘具を隠し持つことを知ってしまった古着屋の明男。かくして始まる明治の性春。そして彼はその人の娘とも……。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン