作品詳細

未亡人の寝室(電子復刻版)
550円
夫を交通事故で喪い、戸崎和歌子は二十八歳という女盛りの体をもて余していた。百カ日の法要をすませてほっとした和歌子は、亡夫の親友で、かつての恋人三井と酒をくみ交わす。三井は、彼女の疼きを感じとり、ふと抱きよせると唇を重ねてきた。渇えた欲望に火がつき、体が否も応もなく燃えてしまう。男がいなければ過ごせない女の体が悲しかった。堰を切ったように女盛りの遍歴が始まる。長篇官能小説。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン