作品詳細

白い肌の神々(電子復刻版)
605円
北海ビールの林田啓一は、新製品ビアビーフの開発に情熱を燃やす若手社員だ。ビール粕で育てた肉牛をどうやって売り出すか、東奔西走の毎日。そんな彼も女性となると積極的にアタック。社内のOL、人妻と若いエネルギーを発散させていく。だが、ガールハントを重ね、性を通じた歓びを共有するうちに、彼は女性を大切にするうちに、彼は女性を大切にすることは自分を大切にすることだと悟る。女性は白い肌の神々なのだ。力作官能長篇。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン