作品詳細

サバティカル
1210円
転職先への入社まで5カ月――。ぽっかり空いた“人生における休暇”のあいだ、僕は、新しい何かをはじめられるだろうか。エンジニアとして無我夢中に働きつづけ、33歳で転職を決めた。次の会社に入社する4月まで、「大人の夏休み」=「サバティカル」と決めた主人公の梶くんは、自分に何ができるかを試すようにさまざまな「宿題」を課していく。プロジェクト管理ツール「トレロ」を使いながら「宿題」を片付けていく梶くんだったが、新たな課題として引き受けたのは、元彼女との思い出の場所で知り合った将棋の師匠が生き別れたという娘の消息だった。「人探し」という意外な展開に戸惑いつつも、最後の「宿題」は意外なほどに順調に進むのだが……。『リレキショ』『夏休み』から『100回泣くこと』まで、青春小説の王道を紡いできた著者が初めて描く、本当に手に入れたいものをさがす大人たちの夏休み。転職が当たり前の世代に送る新しい時代の青春&恋愛小説。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン