作品詳細

猟犬シリーズ
猟犬の旗
748円
2巻まで配信中
「お前たちのためじゃない。俺の仕事のためだ」「外国人の反乱か。いいな。確かに現状はそういう感じになりつつある」 日本の誇る情報機関(便宜上「イトウ家」と呼ばれる)、そこには使役される猟犬(スパイ)がいる。「何事もないのが一番いい。そのためならどんなこともする」猟犬たち。ある者は望んで、ある者は脅され、その身を機関に捧げている。 外国人にもかかわらず、不本意ながら猟犬となった男が休暇を取ったその日、日本のまどろみは崩壊した――。関西国際空港に新宿駅、日本の主要都市で起きる爆弾テロに銃撃テロ。“外国人の反乱”に、男が動く。 猟犬は、どの旗に忠誠を誓うのか? 現代日本を舞台とした、スパイ小説の新潮流!!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン