作品詳細

夢見る帝国図書館
1599円
私が年の離れた友人から依頼されたのは「図書館が主人公の小説」だった。本に学び、本を守り、本を愛した人々の物語。文章修業をしている「わたし」は上野図書館に並々ならぬ愛着を抱く喜和子さんに出会い、年齢差を超えた友情を築いてゆく。喜和子さんは「図書館そのものを主人公にした小説を書いてよ」と持ちかけるが、多忙になったわたしは書けないままに喜和子さんとも疎遠になってしまう。久しぶりに再会した喜和子さんは老人ホームに居た。友情が復活するも、喜和子さんは病気で亡くなり、娘だという女性は冷たくてとりつくしまもない。わたしは、喜和子さんが生前に「もう一度読みたい」と言っていた本のタイトル『としょかんのこじ』を手がかりに、喜和子さんの半生、そして彼女が愛した図書館の歴史を辿り始める……。わたしと喜和子さんの物語と、夢とも現ともつかない図書館が主人公の小説が、折重なり、近代化する日本で人々がいかに「図書館」を愛してきたかが浮かび上がる。本を愛するすべての人の胸を熱くする図書館小説です!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン