作品詳細

スタンフォードが教える本当の「働き方改革」
1800円
最難関MBAコースで今、未来のリーダーが学ぶ“ソフトスキル”とは――職場のストレスを科学的に軽減する、マインドフルネス進化形。リーダーのための最新理論。ソフトスキルは技術的スキルと同程度か、それ以上に重要だ:YES 92%ソフトスキルを備えた人材を見つけるのに苦労している:YES 89%――ウォール・ストリートジャーナル調べ、企業重役900人に調査ソフトスキルとはコミュニケーション・適応力・問題解決能力・共感力・創造性・理解力・決断力・クリティカルシンキングなど他者と効果的に関わる能力のこと。対して、ハードスキルは会計・法律・外国語・プログラミングなどの専門知識や技術的能力を指す。私たちは毎日、多くの時間を仕事に費やす。なのに、職場は私たちが最も失望し、弱気になり、圧倒され、嫉妬し、不安になり、いらだち、腹を立て、本当の気持ちを口に出すのをためらう機会の多い場所だ。どうしたら社員は、そのようなネガティブな感情に振り回されずに、より大きなゴールに焦点を合わせられるだろう?スタンフォード大学ビジネススクールの超人気講座を完全収録!【目次より】第1部 「目的」のある働き方第1章 有害な職場環境を改善する職場に人間らしさを取り戻すソフトスキルvsハードスキルタッチー・フィーリー第2章 「仕事力」をよみがえらせる心の訓練三つのマインドフルネス1.エンボディメント(身体化)2.メタ認知3.フォーカス第3章 「目的」を設定する仕事の満足度向上のために健康への貢献困難を克服するジグソーパズルと全体像「目的」…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン