作品詳細

くせものの譜
950円
武田、北条、佐々……仕えた家が軒並み絶家!厄神と呼ばれた男・御宿勘兵衛の生涯。武田の遺臣として、数多の主家を渡り歩いた御宿勘兵衛(みしゅくかんべえ)は、何を求めて大坂城へ入ったのか?武田家滅亡から、大坂の陣まで――仕えた家が次々と滅びることから、その武勇に反して「厄神」と忌み嫌われた御宿勘兵衛。そして、時代に迎合することなく己の夢と覚悟を貫いた依田信蕃や久世但馬など、勘兵衛と関わった度し難い男たち。「天正壬午の乱」「さらさら越え」「小田原征伐」「越前騒動」「大坂の陣」など勝者の側ではなく滅び行く者たちからみた戦を描く。気鋭の著者が腕をふるった、時代に選ばれなかった曲者たちの物語。解説・縄田一男

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン