作品詳細

社長の流儀 ‐ 会社をつぶさず成長をつづける ‐
1320円
佐々木常夫、初の「社長本」。元・東レ経営研究所社長にして、経営者育成塾・塾長の全ノウハウ。経営に教科書(セオリー)はない。ではどうすべきか?“だれもおしえてくれない” 経営の「王道と詭道」を網羅。【内容紹介】よい会社とはつまりもうかっている会社であり、会社をもうけさせることのできる経営者が、すなわち「よい社長」にほかならないのです。この、よい社長になることは、けっしてやさしい道ではありませんが、かといって、それほどむずかしい道でもありません。そのことは、この本を読んでもらえれば、きっと納得いただけるはずです。――(「はじめに」より)(内容抜粋)・すぐれた経営者は人とちがう「自分だけの経営」をめざす・集団組織を率いるトップは「人間通」でなくてはいけない・成功する経営者は必ず「よい独裁者」である・「次世代の中核事業」は周辺分野に生みだしやすい・どうすれば社員の能力を公平に評価できるか・経営を安定させる上手な金融機関とのつきあい方・社長は自分の「辞めどき」を決めておけ(プロフィール)佐々木常夫(ささき つねお)1944年、秋田市生まれ。株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表取締役。03年より東レ経営研究所社長、2010年に同研究所特別顧問となる。内閣府の男女共同参画会議議員、大阪大学客員教授などの公職も歴任。何度かの事業改革の実行や3代の社長に仕えた経験から独特の経営観をもち、現在経営者育成のプログラムの講師などを務める。著書に『働く君に贈る25の言葉』(WAVE出版)、『決定…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン