作品詳細

不倫サレ妻慰めて
715円
《サレ妻(づま)=夫に不倫、浮気をサレた女》「今夜だけ抱いて!」悲しみに暮れるサレ妻たちの哀願に、湧き上がる衝動……。男と女――。18歳の俊平にとって、それは曖昧で理不尽な存在だった。父親の不倫から不遇の少年期を送った俊平は、東京・浅草の焼き鳥屋で働いていた。しかし、店主も不倫の末、出奔。俊平は女将の茅乃の哀しむ姿を見て、関係を持ってしまう。だが翌日、茅乃の姿はなく、職を失った俊平は旅へ。静岡、大阪、岡山、瀬戸内……各地でのサレ妻たちとの出会い、情交、そして別れ。瑞々しくも哀切な旅情官能の傑作!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン