作品詳細

まちづくり構造改革II-あらたな展開と実践-
2200円
あなたのまちには地方創生の具体的な打ち手がありますか?□ 企業を誘致したが、思ったほど地域が活性化しない…□ 大型店を誘致したけど、効果は還元されているの…?□ 公共事業を地元企業に発注したが、資材の調達費が域外に流れてしまう…□ イベントや観光開発を行ったが、効果がすぐに途絶えてしまう…上記のような「まちの悩み」を解決すべく第I弾「まちづくり構造改革~地域経済構造をデザインする~(2014/3)」では、「地域経済構造分析」をベースにまちづくりの基礎や問題点、分析の仕方、主な事例を紹介しました。第II弾の本書では、その基礎知識をベースに、地方創生を実のある確かなものにするため、地域経済構造分析をさらに進め、その理論の強化と実践を紹介しています。<主なトピックス> ・施策が総花にならないために、都市計画と都市経済のシンクロ ・これで地域課題を深掘り、規範的視点でデータを捉える ・しばしば陥る域内循環の落とし穴を指摘 ・中村メソッドによる産業連関シミュレーションの新展開【著者紹介】中村良平(なかむらりょうへい)1953年 香川県高松市生まれ1977年 京都大学工学部衛生工学科卒業1979年 筑波大学大学院環境科学研究科修了1984年 筑波大学大学院社会工学研究科修了・学術博士近畿大学助教授、岡山大学助教授、岡山大学大学院教授(社会文化科学研究科)を経て、経済産業研究所ファカルティフェロー、東京大学客員教授、日本経済研究所理事などを務める。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン