作品詳細

賛否両論 笠原将弘 超・鶏大事典
2200円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。前著「鶏大事典」で、とりむね、もも、手羽、ひき肉などの部位の扱い方、使いこなし方、多様なレシピを展開して話題を呼んだ日本料理人、賛否両論の笠原将弘。本書では、前作に収めきれなかった一羽まるごとの「丸鶏」の扱い方、さばき方、ローストチキンや和風参鶏湯などのレシピ、やわらかくてあっさりとした「ささみ」、扱いにコツのある「砂肝、ハツ、レバー」などの部位をたっぷりと紹介。また、扱いやすく手に入れやすい「むね」「もも」「手羽」「ひき肉」なども前作からさらにバージョンアップ!「笠原流サラダチキン」など、永久保存版のレシピが詰まっています!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン