作品詳細

~国立がん研究センター東病院の管理栄養士さんが考えた~ がんサバイバーの毎日ごはん
1287円
【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。術後のままならない体調でも自分で作れる!がんサバイバー(がんを経験して生きる人)、その家族のために、がん専門病院の管理栄養士が考えたレシピ集。ふたりにひとりががんになるといわれます。そして手術や治療ののちも、人生は続きます。がん専門病院の管理栄養士として日々、サバイバーやその家族と接する著者は、“その後も続く人生”のスタート地点でもっとも切実な問題は「食べること」だといいます。食に悩んでいるのは、胃や大腸など消化管の手術を受けた人に限りません。術後の低握力で思うように買い物や調理ができなかったり、抗がん剤治療の副作用で食欲不振や吐き気、口内炎などを発症し、食事が辛いと感じる人も・・・・。だからついつい、毎日コンビニおにぎりで済ませる人も少なくない、と。栄養が欠ければ体力が落ち治療に支障をきたします。また食生活を楽しめないと、生活のリズムや心のハリも失いがち。「とにかく、食べる。毎日、自分で作って食べる。そうすることで、体も心も上向きになってほしい」という気持ちから本書は生まれました。レシピには、国立がん研究センター東病院で10年続く「柏の葉料理教室」からのリアルな声を反映しています。※この作品はカラー版です。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン