作品詳細

学問こそが教養である
1620円
本当の教養とは何か?「知的生活」を続け、世界的な英語学者でもあった「知の巨人」による実践的教養論!愛弟子が語る「恩師の素顔」も掲載「今さら言うまでもないことだが、先生はまさに「知の百貨店」と称されるにふさわしい、該博、博覧強記の知識人であった。大学教授、保守論客、作家・評論家など、まさに、いろいろな顔をもたれていた。もっとも、言論活動のゆえか、先生の本職が英語であったことを知らない人もいた――」(編者あとがきより)【目次】I 対話する西洋と日本(ドイツ・ミュンスター大学名誉博士号取得記念講演、日本語訳・江藤裕之)II 科学からオカルトへ――A・R・ウォレスの場合(上智大学最終講義)III チェスタトンの最近刊行物について考えること(第12回イギリス国学協会年次コロキウム特別講演、2013年)IV 英語教育における英語史の効用(イギリス国学協会創立20周年記念シンポジウム基調講演、2013年)V 新々語源学の理念(上智大学渡部研究室にて、1993年)VI 教育問題を考える三つの視点(モノローグ・未発表)VII 「教育」「学校」「英語」そして「学問」(編者との対談)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン