作品詳細

家族と歩んだ15年のレシピ 飛田和緒のうちごはん
1188円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「娘が生まれてから15年。つい最近まで手をつないで歩いていたのが、私の背を超え、少しずつ大人の階段を上り始めています」こんな飛田さんの一文から、この本は始まります。慣れない子育てに奮闘しながら、家族を思って料理を作り続けてきた15年。子どもが小さかったころは、仕事との両立がたいへんだったので、待たせないスピードおかず作りは、ずいぶん鍛えられたこと。子どもが生まれて最初のひな祭りにははりきって華やかなちらしずし献立を準備したこと。幼稚園のお弁当作りが始まって、朝の用意をラクにするため多めにおかずを作りおいて常備するようになったこと。たいてい冷蔵庫にあるちくわ、かまぼこ、豆腐、納豆、油揚げを活用した小さいおかずを肴に、月1~2回お酒を飲むのが楽しみだったこと。そんな生活のあれこれから生み出された、無理なく作れるレシピ、まねしたいレシピが並びます。そして、ずっと変わらず家族が好きな味とともに今の家族のお気に入りレシピも紹介しています。「家族のために、そして自分のために、おなかがすいたら、さぁおいしいものを作って食べましょう」

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン