作品詳細

天皇家の想い ‐ 心に寄り添う珠玉のお言葉 ‐
1100円
いよいよ本年5月にお代替わりが迫ってきた天皇家。本書はそれに先立ち、これまで常に国民に寄り添われてきた天皇陛下、美智子さま、そして新天皇となる皇太子さまと皇后となられる雅子さまのお言葉を厳選し、まとめたものです。監修は元宮内庁職員の皇室ジャーナリスト・山下晋司氏。新時代を迎えても、これまで通り変わることなく国民へ想いを寄せられ続けると確信できる一冊です。目次第一章 皇室のあり方第二章 団らんのひととき第三章 国民と共に歩む第四章 平和への願い第五章 互いを思いやる気持ち「国や国民のために務めを果たしていきたいと思っています」 -天皇陛下「きっと、どの時代にも新しい風があり、また、どの時代の新しい風も、それに先立つ時代なしには生まれ得なかったのではないかと感じています」 -美智子さま「国民とともにあり、国民と苦楽をともにするという、そういう気持ちでもって物事に処していきたいと思っております」 -皇太子さま「これからの日本や世界の人々にとって何が大切になってくるかという将来像を自分なりに把握するように努め、広い視野に立って世の中に関わっていくことを考えていかれればと思います」 -雅子さま

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン