作品詳細

振り飛車の新機軸! 初手▲7八飛戦法
1524円
先手になれば使える新・振り飛車戦法「ある対局の前日、作戦に苦慮していました。夜、布団に入ってからもあれこれ考えていたのですが、そんなときふと『初手▲7八飛』を思いついたのです」(まえがきより)先手番になり、最初の1手を指しただけで使える戦法。それが「初手▲7八飛戦法」です。この画期的な作戦は門倉啓太五段が編み出したものですが、はじめは門倉五段以外に使う棋士はいませんでした。そこから作戦の優秀性が徐々に認知されるに連れて、久保利明王将をはじめとするトップ棋士も採用するようになり、今では振り飛車党の一つの有力な選択肢として定着しています。しかし、▲7六歩~▲7八飛とするのに比べて、先に▲7八飛とするメリットはどこにあるのでしょうか?初手▲7八飛の将棋をよく見るようになったなぁと思いつつ、その真意はよくわからない、という方は多いのではないでしょうか?門倉五段は初手▲7八飛には3つのメリットがあるといいます。(1)角道を開けたまま戦えること(2)相振り飛車で主導権を握れること(3)絶対に早石田ができること以上です。すべてに共通することは決して守勢にならず、常に積極的に戦えるということです。では、初手に▲7八飛とするとなぜこのような3つのメリットが生じるのでしょうか?それを詳しく解説したのが本書です。この本で初手▲7八飛戦法をマスターして、ぜひ相手をアッと言わせてください。◆著者:門倉啓太(かどくら・けいた)1987年6月3日生まれ。東京都豊島区出身2000年9月、6級で石田和雄九段門2011年…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン