作品詳細

九州平戸殺人事件 警察庁遊撃捜査係 宮之原警部 存亡の危機
669円
熱海の錦ヶ浦に少女の絞殺死体が打ち上げられた。発見したのは、元関東管区警察局監察官の飯森であった。彼は、横浜の警察署の捜査係長だった宮之原の手腕を見込み、警察庁直属の捜査係に引っ張ったその人である。そうしたいきさつもあり、錦ヶ浦の絞殺死体の捜査を、宮之原警部が担当することとなる。公開捜査によって絞殺された少女の身元が判明するが、なぜ、彼女は産んだばえりの我が子を、関わりのまったくない有名女性デザイナーの自宅の前に捨てたのか。そして、捨ててすぐに殺されなければならなかったのか。この事件の裏にひそむ哀しく切ない人間の業を、若々しい宮之原があらわにしていく。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン