作品詳細

文蔵 2019.4
660円
【特集】『桜風堂ものがたり』文庫化記念! 村山早紀、その温かな世界の魅力 ●【インタビュー】村山早紀 「児童文学作家」の精神が、私の根っこにあるからこそ 【ブックガイド】『コンビニたそがれ堂』から『桜風堂ものがたり』まで ●小さな奇跡とささやかな魔法に満ちた、優しい物語の数々……三村美衣 ●日常と異界が同居する都市/時がとまり、魔法が満ちる特別な場所/お仕事小説系/児童書として刊行された風早もの/再刊・再話・再出発 書店員が選ぶ私の「この一冊」 【連載小説】●西條奈加 六つの村を越えて髭をなびかせる者2 松前藩に入った徳内は、そこで出会ったアイヌの男と仲良くなるが……。 ●小路幸也 三兄弟の僕らは5 家の前に停まっている不審な車。朗がその持ち主を確かめてみることに。 ●宮部みゆき だんまり用心棒 その三 きたきた捕物帖9 北一は、烏天狗の彫り物があるという湯屋の釡炊き男が気になって……。 ●梶よう子 由蔵覚え帳13 間宮林蔵が由蔵の許にやって来て、高橋作左衛門に会わせろと詰め寄る。 ●山本一力 どぜう その六 献残屋佐吉御用帖26 家を失うことを覚悟したおひでたちは、佐吉に力を貸してくれるよう頼む。 ●宮本昌孝 天離り果つる国31 内ケ島氏理のもとに、佐々成政の使者が訪れる。七龍太はそのとき――。 【特別インタビュー】幸田真音 人工知能の登場で、世界がどう変わるかを描きたかった

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン