作品詳細

富豪に娶られた灰かぶり
660円
なんという皮肉なの?天使の救世主が悪魔だなんて……。世界的なホテル王ルーカス・ブラックストーンが催す盛大な舞踏会に、ブロンテは必死の思いで潜りこんでいた。清掃係の彼女が独りで育てている亡姉の息子が難病を患い、骨髄移植が必要だが、甥の父親も亡くなり、ブロンテは不適合。最後の望みは甥の伯父にあたるルーカスにかかっていた。だが彼はブロンテを一瞥するなり睨めつけ、ダンスに連れだすと強引に唇を貪り、罵った──彼女の姉が金目当てで妊娠したと。違うわ! 酷い侮辱に身を震わせながら、ブロンテは耐えた。悪魔にこの身を捧げてでも、あの子は守ってみせる……。■注目作家ハイディ・ライス渾身の、心にしみる感動作の登場です。貧しいながらもいとしい甥を守り抜こうとするヒロインの無垢な強さ。愛を信じず、その表し方もわからないヒーローの孤独と哀しみ。読み進めるほどにじわじわと目頭にくる……泣けるロマンスです。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン