作品詳細

飛族
1833円
この島にいるのは、ふたりの老女だけ朝鮮との国境近くの島でふたりの老女が暮らす。九二歳と八八歳。厳しい海辺暮らしとシンプルに生きようとする姿!傑作長編小説。「わしは生まれて九十年がとこ、この島に住んで、今が一番悩みもねえで、安気な暮らしじゃ。おまえは妙な気遣いばせんで、さっさと水曜の朝に船で去んでしまえ」――かつて漁業で栄えた養生島に、女二人だけで暮らしている。母親のイオさんは、九十二歳。海女友達のソメ子さんも、八十八歳。六十五歳のウミ子が、ふたりを見ている。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン