作品詳細

永田町 小町バトル
1633円
保育園落ちて、仕事を辞めた。生活も育児も八方塞がり……こんなニッポンじゃ、子供が産めない! 野党・民衛党から出馬し、初当選した芹沢小町は、「現役キャバクラ嬢」にしてシングルマザー。夜の銀座で働く親専門の託児施設を立ち上げた行動力と、物怖じしないキャラクターがメディアで話題となり、働く母親たちから熱い支持を集めたのだ。待機児童、保活、賃金格差、貧困……課題山積みの“子育て後進国”ニッポンに、男社会・永田町に、小町のパワーは風穴を開けられるのか!? 吉川英治文学新人賞作家が挑む、新たな地平。すべての“親”たち必読の政治エンタメ! 「法律を変えて、予算を勝ち取る――それができるのは、国会議員だけなのよ」

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン