作品詳細

消された「徳川近代」明治日本の欺瞞
1287円
明治政府に消された幻の「徳川近代」。『明治維新の過ち』を嚆矢とする「維新三部作」の著者待望の新章第一弾。 明治ニッポン近代化の礎を築いたのは薩摩でも長州でもなく、西郷・大久保でもない――。『明治維新の過ち』で、教科書的な明治維新観に一石を投じた著者が、明治政府によって埋没させられた歴史を丹念にひもとき、歴史の真相に迫ります。 明治に改元される5か月前、幕臣小栗上野介忠順が新政府軍に取り調べを受けることなく斬首。後に大隈重信によって「明治政府の近代化政策は、小栗忠順の模倣にすぎない」とまで称された逸材である。本書は、横須賀に製鉄所、築地に日本で最初の本格的なホテルを建造した小栗の歩みを照射することで、徳川幕臣らによって進められていた「近代化」の全貌をひもときます。 さらに、咸臨丸でアメリカに渡った遣米使節の一員だった秀才・小野友五郎、伊豆にあって近代化に奔走した江川英龍など、ニッポン近代化の礎として活躍した幕府のテクノクラートの足跡を辿り、なぜ彼らの功績が埋没したかを検証。抹消された歴史の真実を解き明かします。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン