作品詳細

ローマへ行こう
800円
忘れえぬ記憶の中で、男は、そして女も、生きたい時がある。あれは夢だったのだろうか――大切な人々に思いを馳せる珠玉の十話。誰もいない家に入って、花を替えテープレコーダーのスウィッチを入れてくる、それだけのこと。小百合が依頼された不可思議な仕事はいったい誰のため?(家族の風景)アンブラッセという言葉を教えてくれたのは、相沢さんだった。フランス語で「抱擁する」という、その意味も――。(めぐりあいて)夫に怪しい女がいるらしい、何か相談がなかったか、と友人の妻から詰め寄られたが。(ローマへ行こう)たわむれに田舎に向かう幸一が出会ったひとりの行商。見たい夢を見せてくれるという男の誘いに思わず乗った彼の脳裏に現れたのは……。(夢売り)上記ほか、「第三の道」「文学散歩人」「くちなしの夢」「鈍色の記憶」「夢は嘘つき」「赤い月の夜に」収録。解説:内藤麻里子【本書は単行本『アンブラッセ』を文庫化にあたり改題したものです】

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン