作品詳細

キッド
1584円
殺人の濡れ衣を着せられた元自衛隊員VS.政府が秘密裏に構築する巨大監視網超監視社会の闇を描き切る、警察ミステリーの新たな金字塔。『震える牛』『血の轍』を凌ぐ、著者渾身の最高傑作!上海の商社マン・王作民と秘書のボディーガードとして福岡空港に降り立った城戸護。かつては陸上自衛隊の空挺部隊に所属し、レンジャーの称号を得た、選りすぐりの兵士だった。到着ロビーで城戸は、王を監視する刑事の存在を察知する。想定外の事態を不審に思いながら護衛を続けると、今度は秘書が王を射殺し、自死してしまった。何が起きているのか? 自分は嵌められたのか? 殺人の濡れ衣を着せられる窮地に兵士魂を呼び起こした城戸は、警察が超法規的に構築した監視システムによる追跡をかわし、事件の真相に迫る。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン