作品詳細

陰陽師 女蛇ノ巻
1300円
「そういうおまえが愛しうて、こういう眼になってしまうのだ。博雅よ」(さしむかいの女)シリーズ開始から30年を迎えた、稀代の陰陽師・安部晴明と心優しき笛の名手・源博雅が活躍する600万部超の人気シリーズ第16巻。桜を愛で酒を呑む晴明と博雅。そこへ道満が木偶を持ってやって来る(傀儡子神」)。老母が山にでかけたまま消えて五年。妻が目が痛いと訴え……(竹取りの翁)。兄弟子に頼まれた晴明は三日間目を覚まさない男のもとへ向かう(さしむかいの女)。女の童をつけ狙う白い狗。道満は童と狗を離すように忠告したのだが……(狗)。上記など全12篇収録。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン